So-net無料ブログ作成

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その14)

DSC02448.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その14)
オーバーシュタウフェンへ
5月2日続きです
Obere Argen川を見下ろす高台にやってきました。川を渡るレンガ造りの橋を行く線路を見下ろすことができます。
DSC02345.jpg
2両編成の気動車で運転されるローカル列車
Map3.jpg
Eポイントから谷に降りるあたりからの景色がよさそうです。斜面を下りる急坂の脇から線路をキャッチします。
DSC02399.jpg
渓の反対側に行ってみます。
DSC02384.jpg
美しいカーブを行くALEX
ここで長い編成を撮ったら良さそうですが、次のECは逆方向なので、先ほどの坂の部分に戻りました。
DSC02406.jpg
斜面を大きく入れてみました
続いてやってくるのがEC194列車。築堤をかけてきます。
DSC02500.jpg
客車8両の長い編成を重連の218型が牽引します
スイス国鉄の特急用各客車が美しい。
DSC02518.jpg
大きくカーブして谷を行きます
さて、そろそろオーバーシュタウフェンに向かって動き出しましょう。 谷に降りて南に向かいます。少し進みますと谷が広がって、大きな農家がぽつりぽつりと立っています。
DSC02442.jpg
農家の前にキリスト像
DSC02443.jpg
自慢の牛のメダルでしょうか?
DSC02521.jpg
うん、うちの牛さんはすごいんだぞ
豊かな牧場地帯で列車を1カット
DSC02425.jpg
ALEXが快走
Untertalhofenの西側の高台に登ってみます。
DSC02550.jpg
雄大な景色
ここで1カット撮りたいところですが、列車がありません。あまり待っているとOvershtaufenにたどり着きません。 川沿いまで降りて、谷合を進んでいきます。ここでALEXがやってきました。
DSC02574.jpg
さらに進むと、予定していた最後の撮影ポイントにつきました。 Hポイントのこ線橋になります。ここで、ミュンヘン行きのECを待ちます。
DSC02586.jpg
EC193列車、重連できました
十二分に満足しあとはオーバーシュタウフェンに向かいます。 結構遠かった。
DSC02594.jpg
ルートにはスパやホテルがたくさん並んでいて、このあたり、実は高級リゾートだということがわかりました。
Overstaufen(1554)-[RE3290]-(1634)Lindau Hbf
少し早いですが、リンダウに戻ります。
<続きます>

nice!(30)  コメント(5) 

nice! 30

コメント 5

hanamura

うちの牛さん・・・鑑評会「金賞」連続受賞???(何でも酒)福島か?
by hanamura (2019-09-08 16:19) 

TaekoLovesParis

雪をかぶった遠くの山、咲き乱れる黄色い花の斜面の向こうに見える赤い列車、絵のような景色ですね!撮影ポイントの谷にたどり着くのも大変だったでしょうけれど、こういう景色の中、列車が姿を見せた時の喜び、最高でしょうね。列車がどれも色がかわいいですね。
by TaekoLovesParis (2019-09-08 17:08) 

やまびこ3

hanamuraさん
お久しぶりにてございます。牛にも「金賞」がありますよ。福島でもいい牛飼っているに違いない。
by やまびこ3 (2019-09-12 08:11) 

やまびこ3

TaekoLovesParisさん
こんにちは。南ドイツの牧歌的な風景が広がっています。奥の方はドイツアルプスともいう山岳地帯です。
by やまびこ3 (2019-09-12 08:14) 

Cedar

今の日本の風景に比べると雑物が少ないなあ、昔の日本の鉄道写真を見るようです。
by Cedar (2019-09-12 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。